市販の脱毛クリームは美肌に危険?

腕や脇、指先のムダ毛処理に皆さんは何を使用していますか?

ヒートカッターやカミソリ、ブラジリアンワックスなど様々な方法があります。

その中でも特に簡単にムダ毛処理が出来ると言われているのが脱毛クリームです。

脱毛クリームは気になる場所に塗って5~10分ほど放置し、クリームを拭うと毛がごっそり摂れているという優れものです。

正確には除毛クリームとも呼ばれていますが、どういう仕組みで毛を落とすのかというと、クリームに含まれる薬剤で皮膚の表面にある毛を溶かしています。

代表的な成分として「チオグリコール酸」という成分が良く使われるのですが、タンパク質を溶かす性質があり、それを利用して除毛しているのです。

要するに脱毛クリームは皮膚上にあるムダ毛を溶かしているだけなので、毛根ごと抜いているわけではありません。すぐに生えてきてしまうので脱毛ではなく除毛なのです。

それじゃあカミソリで剃ったのと同じでは?と思われる方もいるでしょう。しかし、この除毛クリームはカミソリよりもチクチクせず、剃り残しがないというメリットがあります。

この脱毛クリーム、一見簡単にムダ毛が抜ける魔法の様なクリームですが、実は肌に甚大なダメージを与えることでも有名なんです。

元々人間の皮膚細胞はタンパク質から作られており、肌に良いとされている「コラーゲン」や「エラスチン」もたんぱく質から作られています。

その皮膚細胞のタンパク質を溶かすというのは肌に相当な負担をかけてしまい、肌の痛みや赤く腫れるなどの副作用が現れてしまう可能性があります。

じゃあ脱毛クリームは全部危ない物なのか、というとそうではありません。

市販で売られている脱毛クリームは安さを求められるので安価なチオグリコール酸が配合されていますが、ネット通販では刺激を抑えて保湿や美容成分も配合した脱毛クリームが売られています。

例えば美肌成分たっぷりのアロエエキスに、コラーゲンをたっぷり含ませて、性能をそのままに刺激を少なく改良したチオグリコール酸を採用するなど、良質な商品は沢山存在します。

気になる方はインターネットで是非確かめてみて下さい。市販じゃないものでも良いものは沢山ありますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です