デリケートゾーンを綺麗に保つ3つの方法

「アソコの周りが黒くなってる!」

「普通にしててもちょっと匂う……」

「夜の生活で見られるのが恥ずかしい!」

皆さんはこんな経験ありませんか?

デリケートゾーンの肌は全身の皮膚の中でもとても繊細で、角質がとても薄いので少しの刺激が黒ずみや匂いの原因になってしまいます。歩く際に生じる摩擦だけで黒ずみが生じてしまうこともあります。

それじゃあどうしようもないじゃない!と諦めてしまうにはまだ早いです。デリケートゾーンへの対策はいたってシンプルで、「刺激を最小限に抑えること」と「ホルモンバランスの崩れを予防する」の2つです。

シンプルで簡単そうに聞こえますが、実際はどんな点に注意すればいいのでしょうか?

今回は女性のデリケートゾーンを綺麗なままで保つ方法を3つご紹介しましょう。

・下着はサイズと素材に気を付けよう

デリケートゾーンに日々直接影響を与えているのは下着です。下着も様々なサイズや種類、材質があるので、選ぶときには見た目重視で購入する方も多いと思います。

しかし、下着選びの際に気を付けて頂きたいのが「サイズ」と「素材」です。

サイズは体にピッタリ過ぎると摩擦の原因になってしまいますし、ゴムの圧迫などで刺激されると肌を防衛するためにメラニンが作られ、黒ずみの原因になってしまいます。また、バストの黒ずみも刺激などが原因になります。その場合はワイヤーレスのブラなどがお勧めです。

次に「素材」ですが、こちらは刺激と臭いに関することです。よくデザインに凝った下着にはナイロンや化繊などの素材で作られているものが多く見受けられます。しかし、この素材だと汗を吸収し辛く不快な環境を作りやすいです。

出来るだけコットンやシルクなど、天然素材で作られている物を選びましょう。

・洋服と姿勢にも気を付けよう

肌にダメージを与えてしまうのは下着だけではありません。その上から着る洋服も重要です。例えば腰で履くタイプのパンツなどの同じ部分を締め付ける服装は肌によくありません。タイト系の服を着こなしている方は、特に肌にダメージが蓄積されやすく黒ずみやすくなります。

また、しゃがんだり長時間同じ体勢でいると、常にどこかが圧迫されてしまいます。それも黒ずみが出来やすくなってしまう原因なので、デリケートゾーンに負担がかかってしまっている感じたら体勢をこまめに変えたり気を付けましょう。

・ホルモンバランスの乱れに気を付けよう

人間の体は常に新陳代謝が行われており、肌の細胞も例外ではありません。新陳代謝が行われることによって傷が治り、黒ずみも消えていきます。

しかし、この新陳代謝は加齢によってどんどん機能が低下していき、更にはストレスなどのホルモンバランスの乱れが周期を狂わせてしまいます。

規則正しい生活と適度なストレス発散は、肌だけでなく健康にもいいので、自分の身体に異常が少しでも見られたら快適な生活を送るように気を付けましょう。

これらが考えられるデリケートゾーンへの注意事項ですが、これはこれから現れる黒ずみに対する対応です。既に黒ずみが出来ていて消えないという方は、デリケートゾーン専用の黒ずみ対策美白パックなどのアイテムを使ってケアをしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です