スキンケアに必要な6つの化粧品と正しい順番

皆さんはスキンケアをちゃんとしていますか?

「化粧水だけ!」だったり「洗顔と乳液はしている」という人はいると思いますが、スキンケアをしっかりとするならば必要な化粧品が6つあります。

化粧品が6種類あるのは常識だとは思いますが、正しい順番で使用している方、また毎日している方は少ないと思います。

そこで、今回は基礎化粧品とその正しい順番の使い方、そしてそれぞれがどんな役割をしているのかを説明したいと思います。

化粧品には以下の6つが存在します。使用順にご紹介しましょう。

●クレンジング

クレンジングはメイクをした日には必ずと言って良いほどしなければなりません。

メイクを落とす専用のクレンジングをすることで、毛穴にメイク汚れが詰まることもなく、洗顔では落ちにくい化粧汚れも綺麗に落としてくれます。こうすることで肌を元の状態に戻し、これから行う工程をやっと行うことが出来ます。

クレンジングにもオイルやローション、クリームなどがあり、肌への影響が異なるので自分に合ったものを選びましょう。

●洗顔

え、クレンジングをしたのにまた洗うの?と思った方は、これからは絶対洗顔もすることをお勧めします。

何故クレンジングをした後に洗顔をするかというと、クレンジングは化粧の汚れを落としてくれますが、皮膚に付着したゴミを落とすのに適していません。

それに引き換え洗顔は皮膚に付いた皮脂などを洗い流してくれます。

因みにクレンジングと洗顔を同時に行える洗顔フォームもありますが、毛穴汚れを見逃しやすく、毛穴が汚れで詰まってしまう場合が多いので別々に行うことを推奨します。

●化粧水

化粧水は男性もしている方が多いと思いますが、化粧品の中でも重要な役割を担っています。

肌は外気に触れているため、簡単に水分がなくなってしまいます。そこでなくなった水分を補充するために使用します。

化粧水をつけることで、この後の化粧品がより浸透しやすくなると言われています。

●美容液

これはスキンケアの中でも+αの部分になるので、化粧の工程から省く方も多いと思います。

美容液は気になる肌のトラブルを集中的にケアするためのもので、シワやシミ、ニキビなど肌のお悩みがある方にそれぞれ対応した美容液を使うと良いでしょう。

●乳液

さて、ここまでは汚れを落として肌を潤わせ、気になる部分への対処をしました。これから先は今まで使用した化粧品に蓋をする、パックの役割です。

そしてスキンケアの中で絶対にさぼってはいけないのがこの「乳液」です。

肌の水分はいくら潤わせても、放っておいてしまうと勝手に蒸発してしまいます。そこで、油分で肌をパックすることで水分を逃さないようにする必要があります。

●美容クリーム

ここまで来たら最後の仕上げです。今までしてきた化粧を全て肌に閉じ込めます。それがこの美容(保湿)クリームです。

美容クリームは乳液よりも油分を多く含んでいて、今までの美容成分をすべて閉じ込めます。美容クリームは夜のみ行いましょう。

さて、これまで紹介した工程の中で抜けていた項目はありましたか?

かなり大変な作業ですが、女性の美肌を保つために必要なケアです。しっかりと行って女性としての魅力を磨いていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です